OCCURRENCE

TilapiaMap

最新バージョン TilapiaMap によって公開 2020年5月12日 TilapiaMap
East Africa is the major hotspot for diversity of native Oreochromis, the genus that dominated the $5b+ global tilapia farming industry. These unique populations may contain genes for disease resistance, environmental tolerances valuable for improvement of farmed tilapia strains. However, they are threatened by invasive strains stocked from fish farms which often outcompete native tilapia strains or genetically swap them through hybridization. Recent surveys have indicated that non-native often invasive species are now present in many water bodies, but assessing or ameliorating the threat has been hampered by lack of species identification capacity and difficulty in archiving and accessing distribution. Therefore, it is the aim of this project to identify remaining populations of native ti... 以上
ホーム:
リンク
公開日:
2020年5月12日
ホスト::
TilapiaMap
ライセンス:
CC0 1.0

説明

East Africa is the major hotspot for diversity of native Oreochromis, the genus that dominated the $5b+ global tilapia farming industry. These unique populations may contain genes for disease resistance, environmental tolerances valuable for improvement of farmed tilapia strains. However, they are threatened by invasive strains stocked from fish farms which often outcompete native tilapia strains or genetically swap them through hybridization. Recent surveys have indicated that non-native often invasive species are now present in many water bodies, but assessing or ameliorating the threat has been hampered by lack of species identification capacity and difficulty in archiving and accessing distribution. Therefore, it is the aim of this project to identify remaining populations of native tilapias in Kenya and Tanzania, map distribution of introduced and invasive species. This will be done using TilapiaMap (http://tilapiamap.bangor.ac.uk), a cost effective smartphone app developed by Geosho (www.geosho.com) for Bangor University and the Tanzania Fisheries Research Institute (www.tafiri.go.tz). Data collected from the project will be made available in open access global repositories and it is envisaged that these data will inform policy on zonation of strains used in aquaculture and on importation of non-native species, ultimately helping to preserve the genetic diversity of East Africa’s native tilapia.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、1,777 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Occurrence (コア)
    1777
  • Multimedia 
    2072

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 1,777 レコード English で (276 kB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (9 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は TilapiaMap。 To the extent possible under law, the publisher has waived all rights to these data and has dedicated them to the Public Domain (CC0 1.0). Users may copy, modify, distribute and use the work, including for commercial purposes, without restriction.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 18d357a9-ffd9-4ab4-b453-9945817954bcが割り当てられています。   National Biodiversity Network によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているTilapiaMap が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Observation

連絡先

リソースを作成した人:

Emma Green
Research Project Support Officer
TilapiaMap
Bangor University, School of Biological Sciences (Memorial Building), Deniol Road
Bangor LL57 2UW
Gwynedd
GB
+44 1248 38 2855
http://www.tilapiamap.org/

リソースに関する質問に答えることができる人:

Emma Green
Research Project Support Officer
TilapiaMap
Bangor University, School of Biological Sciences (Memorial Building), Deniol Road
Bangor LL57 2UW
Gwynedd
GB
+44 1248 38 2855
http://www.tilapiamap.org/

メタデータを記載した人:

Emma Green
Research Project Support Officer
TilapiaMap
Bangor University, School of Biological Sciences (Memorial Building), Deniol Road
Bangor LL57 2UW
Gwynedd
GB
+44 1248 38 2855
http://www.tilapiamap.org/

他に、リソースに関連付けられていた人:

プログラマー
David Bloom
VertNet Coordinator
http://www.vertnet.org
プログラマー
John Wieczorek
Information Architect
http://www.vertnet.org
連絡先
George Turner
Professor of Zoology
TilapiaMap
+44 1248 38 2349

地理的範囲

Kenya, Tanzania

座標(緯度経度) 南 西 [-11.953, 29.268], 北 東 [5.135, 41.924]

生物分類学的範囲

説明がありません

Family  Cichlidae

プロジェクトデータ

説明がありません

タイトル Mapping for Conservation of Native Tilapia Resources in East Africa (TilapiaMap)
ファンデイング This project is funded by JRS Biodiversity Foundation (http://jrsbiodiversity.org/grants/bangor-2017/). The mission of the foundation is to enhance knowledge and promote the understanding of biological diversity for the benefit and sustainability of life on earth. More information about the organisation may be found here (http://jrsbiodiversity.org/)

プロジェクトに携わる要員:

連絡先
Emma Green

追加のメタデータ